ブログ

自然素材を使うということ。

完了検査の終わった光市の現場では

お引き渡しまでの 雑工事をしています。

ご施主様のこだわりで 塗り壁=漆喰を塗っています。

左官さんはこんなにも広い範囲なので少々お疲れでした。

最近は 塗り壁にされる方には予め

汚れが付いたら・・とか

数年後には・・とか 後のことを説明します。

また床を無垢の床材にされる方にも同じですが

自然のものには 柱と壁に隙間ができたり・・

床では無垢板と無垢板の間に隙間ができたり・・。

それはどうしても避けられないことで

それがいけないと言われる方には

無垢板はお勧めできないこともあります。

また梁や柱とクロスのさかいに隙間ができるのも

同じことが言えると思います。

クロスの場合はクロスも気温や湿度の温度差で収縮します。

柱も無垢ですから 乾燥していても動いたりします。

・・いろんなことをご施主様には説明し

無垢材 自然素材の特性をご理解いただくようにしています。

いろんなことがありますが

私たちは 自然素材を使って 職人の手で・・工事をします。

   

 -

  おすすめの記事

    関連記事はありませんでした

ナカムラ建設ブログ

アーカイブ
相談は無料です
家イラスト。

PAGE TOP