ブログ

昨年よりは一歩前に。

318s003.jpg
宮沢賢治の詩、「雨ニ 雨ニモマケズ
    風ニモマケズ
    雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
    丈夫ナカラダヲモチ
    慾ハナク
    決シテ瞋ラズ
    イツモシヅカニワラッテヰル
この詩の中には、賢治の憧れ・希望・理想がたくさん綴られ、最後に
 サウイフモノニ
 ワタシハナリタイ
と締めくくられています。
実は、このような
   規範や憧れ 希望 理想
を持つことが、心のシミやホコリを払う大切な要素となります。
心のシミやホコリとは、
心にひそむ余計な思いのことです。
心のシミやホコリを払うためには、
まずは自分の中にある 気づく ことです。
その気づきを得るきっかけになるのが、「規範や憧れ、希望、理想」なのです。
規範や憧れ理想を基準にして自分の行動を定めれば、
それが結果としてシミやホコリを払うことになるのです。
憧れ理想を持つことはそう簡単なことではないかもしれませんが、
 何か一つ自分の規範や理想を決める
そうすれば、心のシミやホコリをきれいに払うことができますよ。
(なやみ坊主様より)
もう少しで新年度です。
時たま この詩のように 自分を振り返り 反省し 
昨年より 今年が少しでも前進できていれば・と思います。
同じことの繰り返しの毎日の中で
一歩進めるには 自分に気づくことかもしれません。

   

 -

  おすすめの記事

    関連記事はありませんでした

ナカムラ建設ブログ

相談は無料です
家イラスト。

PAGE TOP